2010年06月06日

おみやげは悩ましい

中国出張でもうひとつ困るのはおみやげ。
昔は中国茶や切り絵、小さな工芸品をよく買ってきましたが、いまはたいていのものが日本で手に入るので珍しくなくなってしまいました。

それに出張は日程が詰まっていることが多くゆっくりおみやげを探す暇がなかなかありません。帰り際に空港で買おうとするととんでもなく高価だったりします。

そんなわけで最近は移動の途中スーパーをのぞくようにしています。

台湾クッキー

これは瀋陽のスーパーで見かけた「鳳梨酥(フォンリースゥ)」台湾クッキーです。やわらかいクッキー生地の中に固めのジャムのような餡が入ってます。本来はパイナップル味なのですが、ご覧のとおりりんごや桃などさまざま餡があります。

量り売りで1斤(500グラム)18元(270円)、60個で約3斤(1.5キロ)60元(900円)でした。1個15円というところでしょうか。1個の大きさは昔のマッチ箱くらいです。

蜜麻花児

これは帰りに北京空港で買った「蜜麻花児(ミマホア)」。「麻花児」という伝統的な小麦の揚げ菓子を砂糖がけした一口大の菓子です。20個ほど入って38元(570円)。空港のお菓子にしては珍しく手ごろな値段なので買ってみました。

味は素朴な甘さで香ばしい風味です。
見かけたらためしに買ってみてください。個装なのでみんなで分けるのにも便利です。

posted by ドングリ at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
以前いただいたマー坊豆腐は袋から出していません。袋をあけてすぐに食べられるものがお土産としては最高ですね(^^)
Posted by シッペ at 2010年06月11日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38789228

この記事へのトラックバック