2016年09月24日

久しぶりのミャンマーです

9月上旬ミャンマーヤンゴンに行ってきました。
パスポートをめくったら前回2009年のビザが見つかりました。7年ぶりということになります。
今回は仕事が一杯で自由時間が少なく(出張だから当然ですが)、観光の予定はナシです。
ヤンゴンはお寺が有名で、特に金ピカで壮大な「シュエダゴンパゴダ」はかならずガイドブックの巻頭に乗っています。いままでに2回ほど見学したことがありますが、今回は残念ながら時間がありません。これはホテルの部屋から見えるシュエダゴンパゴダです。到着翌日の朝。

102.jpg


101.jpg

コンデジの12倍望遠ズームなので、これが限界です。

その日の夜。ライトアップされています。

107.jpg

109.jpg

ホテルはネットで予約したのですが、部屋を選ぶときに

「窓:あり/なし」
「景観:あり/なし」

という選択肢があります。じつはこれはとても重要です。

以前ベトナム出張でホテルを予約する時「窓なし」を(気づかずに)選んでしまいました。最初部屋にはいった時、「なんか変だ」と感じましたが、理由がわかりません。しばらくソファーに座ってボーとしていましたが、立ち上がってふとカーテンを開けるとなんとそこは壁でした。
「あー、窓がない」
これが変な感じの理由でした。いったん気づいてしまうと、無性に気になります。なんだか地下室か穴倉の中にいるみたいで、ほんとうに奇妙な気分です。

次のベトナム出張ではちゃんと「窓あり」を選びました。しかし「city view」を見落としました。
部屋に入ると早速カーテンを開けて窓を確認しました。
もちろん窓はありました。ただ窓の向こうは隣のビルの壁でした。何も見えません。

今回のミャンマー出張では、ホテルからシュエダゴンパゴダまでそんなに遠くないと聞いていたので、少々高くても「窓あり」「景観あり」を選びました。
この写真にはじつはこんな苦労があるのです。










posted by ドングリ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記