2014年02月13日

講演会盛会でした

2月9日の上野惠司先生講演会は、皆様のご協力おかげでなかなかの盛会でした。

報告2.jpg


上野先生のお話は家族・親族の呼び方をもとに中国人の考え方、人との距離の取り方をわかりやすく説明してくださりました。

ご自身の体験や、三国志など有名な例を交え、具体的で親しみやすいお話だったと思います。


休憩時間には中国茶と中国お菓子の体験コーナーを楽しんでいただきました。


報告4.jpg



報告7.jpg


説明付きです。


最後にお楽しみ抽選会。1等は先生の御著書。サイン入りです。


報告5.jpg


2時間はあっという間でした。

またこのような楽しい企画を考えてみたいと思います。
posted by ドングリ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月05日

2年ぶりの立春です!

昨日は2月4日立春です。春は新しいことを始めたくなる季節、始めるのにふさわしい季節です。ぼくは今日ふとブログを長らくほったらかしにしていたことを思い出し、久々に一言書き込もうと思い立ちました。読み返してみると最後の記事はなんと2年前の立春!丸々2年お休みしていたことになります。時の流れは速いと言いますか、ぼくがあまりに暢気すぎたといいますか・・

ともかくせっかく新春を迎えたので、立春についてあれこれ・・


カレンダー立春.jpg


 これはぼくの愛用(?)する中国の日めくり、2003年版です。10年以上前の日めくりなので実際の役には立ちませんが、パラパラめくっているとカレンダーについていろいろなことがわかります。またこの日めくりは下の方に豆知識コーナーがあり、生活の知恵や歴史のエピソード、季節の食材を使った簡単なレシピなど面白い内容が書いてあります。中国語の勉強にもなり、中国人の嗜好が分かってまさに一石二鳥です。

 今年は1月31日が旧暦のお正月でした。2月4日は旧暦1月5日になります。
この2003年2月4日立春の日めくりを見ると、真ん中あたりに「正月大初四」と書いてあります。これは旧暦正月(1月)4日、という意味なので、この年は2月1日が旧暦元旦、2月4日は旧暦1月4日にあたるということになります。
 正月大の大は大の月、つまり30日あるということです。旧暦では月の満ち欠けに合わせて1カ月を決めます。新月から新月まで(満月から満月までといっても同じですが)は約29.5日なので、29日の月と30日の月がほぼ交互に並ぶことになります。そして29日の月を小の月、30日の月を大の月と呼び、月の大小は年によって違ってきます。そのため日めくりに大か小かが書いてあるのです。この2003年は1月が大、2月大、3月小、4月大、5月大・・・となっていました。 

旧暦のお正月は新暦の1月中旬から2月中旬の間で変動します。今年は旧暦のお正月(1月1日)が1月31日でしたが、昨年は2月10日でした。ここからが複雑です。立春は毎年2月4日です(立春は太陽暦なので変動しません)。すると昨年は旧暦のお正月(1月1日)=新暦2月10日が来る前に、立春=旧暦12月24日(新暦2月4日)が来てしまったことになります。



ベトナム旧正月カード.jpg



ベトナムはいまでも旧暦のお正月をお祝いします。これはベトナム人の先生にいただいた年賀カードです。派手ですね。


さて、私たちNPOでは久しぶりに大きなイベントを企画しました。2月9日に中国語検定協会理事長上野惠司先生の講演会を静岡市葵区「あざれあ」で開催します。入場無料(要申込み)ですのでふるってご参加ください。


jpg講演会ポスター(掲示用).jpg


中国語を勉強したことのない方も参加可能です!

posted by ドングリ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記