2012年01月31日

七福神そのA

前回七福神のご紹介をしました。

7人のうち、インド出身が3人、中国出身が3人、日本出身が1人です。
そして唯一の女神弁財天は、インドのサラスワティ―神を起源にしています。

さて中国出身の3人のうち1人は以前にご紹介したことがあります。


観音菩薩


そう、「布袋様」です。中国では布袋様が「観音菩薩」と同一視されているという、驚くべき事実をご紹介しましたが、この布袋様は七福神の一人でもあります。


でっぷりとしたお腹に愉快そうな笑顔には、神様らしい高尚な感じが欠ける気もしますが、「福の神」といわれればそんな気もします。


ガネシュ神.jpg


七福神ではありませんが、ネパールのカレンダーにある「ガネシュ神」です。象頭人身の変わった外見で、布袋様と同じく少々神様らしくない感じがしますが、じつは商売とお金もうけのありがたい神様なのです。

このへんの感覚は難しいですね。




posted by ドングリ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月25日

七福神のモデル?

前回ネパールのカレンダーをご紹介しました。

ヒンズーの神様が極彩色で描いてあるエスニックなカレンダイーです。
1月はヒンズーの神様の中で最も格が高く、最も人気のあるシヴァ神です。

3月は次の神様です。

サラスワティ神.jpg


これは「サラスワティ神」という智慧や芸術の女神様です。じつはこの神様は日本にとても縁があります。

昔から幸運を招くために飾る「七福神」をご存知でしょうか。宝船に乗った7人の神様です。その中で唯一の女神「弁財天」は、もとはこの「サラスワティ神」なのです。

弁財天は琵琶を持っていますよね。よく見るとサラスワティ神も琵琶のような楽器を持っています。

七福神信仰は江戸時代ごろから盛んになったようですが、7人の神様の中で日本出身は一人しかいません。
三人がインド、三人が中国出身です。弁財天はインドから渡ってきた神様の一人だったのです。


posted by ドングリ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月21日

旧暦の閏年

いよいよ12月29日、明日は大みそか。

もちろん旧暦の話です。今日は当センターの姉妹団体静岡日本語教育センターで旧暦のお正月をお祝いするパーティーがありました。ご興味のある方はそちらのHPをご覧ください。

さて旧暦のお正月、中国でいうところの「春節」は一昨年が2月14日、昨年が2月3日、今年が1月23日。11日ずつ前倒しになっています。その理由は、旧暦では1年が354日しかないせいです。旧暦は月の運行―いわゆる月の満ち欠けを基準にした暦なので、地球の公転とは一致しないのです。

でもこのまま放っておくとどんどん1月1日が前倒しになり、そのうち真夏になってしまいます。それではちょっと具合が悪いので、「閏年」を作って季節と暦のずれを調節します。

今年はその閏年に当たります。
なんと1年が13カ月あります。4月が2回あるのです・・・


シヴァ神.jpg

これはネパールのカレンダー。ヒンズーの神様の絵が載っています。
1月は「シヴァ神」。

極彩色の派手なカレンダーです。


posted by ドングリ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月17日

お正月!

静岡では、年末から晴天が続き、冬らしい乾燥した日が続いていましたが、一昨日あたりから天気が下り坂になり、昨夜は久しぶりに雨となりました。雲がどんよりと垂れ込めた、肌寒い天気は、少々憂鬱になりますが、今朝のしっとりとした空気は、のどにやさしく感じられました。

また晴天が続いていたため、富士山の雪が頂上間近まで退行していましたが、昨夜の雨が富士山では雪となり、今朝は真っ白な山容を見せていました。


ネパールのカレンダーの続き。


ダウラギリ.jpg


万年雪をかぶったダウラギリ峰です。

富士山の2倍の高さがあり、万年雪は白というより、透明な水色のように輝き、神秘的に見えます。


さて、今日は1月17日、街中にあふれていたお正月気分はすっかり消えています。でも旧暦でいうと今日は12月25日。

昨年もご紹介しましたが、中国では旧暦で新年をお祝いします。ですから中国ではこれからお正月を迎えることになります。来週月曜日、1月23日が新年(春節)になります。

福.jpg


中国の新年飾り。これも昨年ご紹介しましたが、逆さにした「福」の字。福が来るように、という願いを込めた縁起担ぎです。

中国紐飾り.jpg


これはおみやげでもらった玉(ギョク、緑色の石)のかざり。玉もその上についている結び紐も幸運を招く意味があるようです。




みなさんご存じのとおり今年は閏年なので、2月が29日まであります。(オリンピックもあります。)

そして、じつは旧暦でも今年は閏年になります。

では旧暦の閏年はどうなるのでしょうか。


ちょっとビックリの旧暦の閏年を、次回ご紹介いたします。

posted by ドングリ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月11日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

と言うのは少々遅すぎますね。1月1日はとっくに過ぎて、今日はもう1月11日・・・
とりあえず今年もよろしくお願いします。

昨年は本当につらい一年でした。今年が晴れやかな一年になるよう心から祈ります。私は、新年の祈りを込め、スリランカのコロンボ空港にある仏像の写真を賀状に載せました。

仏像.jpg

背景に写っている人物と比べると、仏像の大きさが想像できると思います。あとでスリランカ人の先生にうかがったら、一昨年空港の拡張工事をした時に建立されたものだそうです。この写真は昨年9月に撮影したものですが、考えてみればスリランカは4年ぶりでした。

この間にタミール人ゲリラとの戦闘も終結し、コロンボは4年前に比べ明るく、活気のある雰囲気に変わっていました。

スリランカは熱心な仏教徒の多い、信仰深い国です。街中のいたるところにブッダの像があります。でも空港について早々大きな仏像に出迎えられたのには少々驚きました。

昨年9月はスリランカとネパールを訪問しました。ネパールはカレンダーが独特で面白いので、いつもおみやげに買うのですが、昨年は時間がなくて買いに行けませんでした。一昨年のカレンダーをご紹介します。


カレンダー.jpg

手漉き風の紙に印刷された手書き風のカレンダー。「ヒマラヤ」と書いてあります。中は1枚に2か月分印刷されていて、ヒマラヤの絵と算用数字のとなりに並んだネパール文字の数字が印象的です。

エベレスト.jpg


これも一昨年のカレンダーですが、絵ではなくヒマラヤの写真です。

クムジュン.jpg

雄大で晴れ晴れとした風景ですよね。

次回も引き続きカレンダーを少しご紹介いたします。


posted by ドングリ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記